ごあいさつ

ふるさと呉への想い


平成30年7月豪雨におきましては、広島県内で114 名、呉市でも25名の方がお亡くなりになられましたこと 心より哀悼の意を表します。
河川氾濫や土砂災害により多くの方が被災され、交通網の断絶、断水などにより、ふるさと呉は甚大な損害を受け、今なお復興の途上にあります。
衆議院議員 寺田稔の国会事務所秘書として、被災 当初から国道31号線、185号線の早期復旧、JR呉線の呉~広間の暫定運転と早期再開、激甚災害の指定、飲料水の配布など、関係省庁と対応して参りました。
呉市内の被災箇所をくまなく見て回るうち、多くの皆様からふるさと呉の復興のため「呉に戻り活躍してほしい」とのご要望を頂き、昨年10月に退職し戻って参りました。
国会議員秘書としての経験を活かし、国・県・市が一体となり、ふるさと呉の復興を加速させ、次の世代に誇 れる呉市を残したいと思います。
皆様お一人お一人の想いを県政に届けるべく頑張って参りますので、何卒ご支援のほど心よりお願い申し上げます。